交通事故ではどんな治療をするのか

交通事故での代表的な症状は首や腰のむち打ち症(頚部捻挫)です。

むち打ちはレントゲンやMRIのような画像診断では特に問題はでませんが、意外と完治までに期間がかかります。病名に捻挫とついていますが足首の捻挫のように数週間で完治とはいきません。

ただ、症状はそれぞれ違うので1ヵ月で終わる方もいれば、半年くらいかかる方もいます

今回は数ヵ月かかるむち打ち症のケースでの治療の流れを書きます。

初期(受傷~1ヵ月)

初期は痛みや動きの制限も強いのは当然ですが、頭痛や吐き気がともなうことが多いです。朝から晩まで辛いので、”これ本当に治るの?”と考えてしまう方もいます。

この期間に優先することは日常生活動作の苦痛を早く取り除き、”黙っていれば問題ない”という状態に早くもっていくことで、主に治療機器での施術です。関節を積極的に動かすようなリハビリはまだ控えます。

頭痛や吐き気に関しては2週間もあれば消えますが、動かした際の痛みはまだあるでしょう。

中期(2~3ヵ月)

この時期は動かした際の痛みやハリ感、また肩こりのような重苦しい感じがあります。初期のような鋭い痛みは少なくなりますが、やはり日常のストレスはあります。

ここからは初期同様の治療機器を使いながらも、ある程度動かしていくことが必要です。治療とは痛みを無くすことは当然ですが、機能も完全に戻す必要があるからです。

後期(~終了まで)

上記までの流れで完治する場合もありますが、だいたい最後に残るのは重苦しさ(コリ感)です。

これまでの治療でその方に合っているものを選択して完治まで向かいます。同じ病名でも効果的な治療は違いますが、数ヵ月の過程でその方に合うものは見つかっているはずです。

ちなみに当院での治療時間は30分くらいです。治療内容は時期により変わりますが時間は同じくらいです。

交通事故治療の難しいところ

普通のケガであれば自分で治療のペースを決められますが、自賠責は期限があります。

しかもその期限は開始時に分かっているわけではなく、急に保険会社からせかされる場合も多いです。保険会社は事故の規模で判断しようとすることが多いですが、私の経験ではそう単純なものではないです。

間違いなく言えることはなるべく早く回復することが良いです。初期や中期の症状で保険を打ち切られたら最悪です。

ホットパックだけ、マッサージベッドだけという治療では、かなり軽傷でない限りは完治は難しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました